身近なところで介護用品を手軽に得よう

専用のベッド

施術ベッドとはなにか

施術ベッドは、一般にエステやマッサージといったさいにサービスを受ける人が横になるためベッドのことです。一般のベッドと施術ベッドの異なる点は、就寝のために使うわけではないので、適度な硬さがあるという点で、またうつ伏せになったさいに顔への負担を減らすために穴が開いているという違いがあります。また施術ベッドでは、サービスを受ける人が汗を掻いたり、またはローションを塗るなどするため、汚れやすいため表面の素材にはビニールなどの撥水性のある素材が使われています。施術ベッドの機能は、どのベッドでも同じですが、固形のベッドのほかにも用途に応じてベッド部分の仕組みに工夫をしたり、折りたたみが出来るものや、チェアになるものまでさまざまです。

種類によってイメージが異なる

施術ベッドの用途は基本的にはエステとマッサージであり、それぞれの用途に応じたものが用意されています。価格は1万円台から5万円程度するもの、さらに電動の高級チェアのものであれば10万円を超えるものまであります。施術ベッドの色は、主にホワイトとダークブラウンが中心ですが、アイボリーやベージュといったものも使われますが、一般的にはベッドの上にタオルケットを敷くなどして使用されるのが一般的です。そのため、表面の素材には撥水性のあるビニール系の素材が使われ汚れが付着しにくいように配慮されています。施術ベッドの特徴としては、高さ調整することが可能で、施術を行うスタッフの身長差に配慮することができ、負担を減らしてエステやマッサージを行うことができます。