身近なところで介護用品を手軽に得よう

現場で求められている

介護の現場で必要な介護用エプロン

介護用エプロンは、日々介護を続ける方と要支援度の高い介護者にとっては、いまや無くてはならない必須アイテムとなっています。これまでの食事介助では、食事の時や薬を飲むときなど食べこぼしたり食器を取り落としたりして服を汚す確率が大変高いことが問題でした。 そういう状況とわかっていて何も対策をとらないのは、介護人の手間を増やしてしまい、ただでさえ忙しいところにさらに負担をかけてしまうことになります。 しかし介護用に開発された介護用エプロンを食事の際に要介護者に装着させることによって、こぼれた食べ物や飲み物が衣服や床に散らばることなく食事介助することが可能になります。この食べこぼしの手間を省くことによって、介護の負担はぐっと減ることになります。

介護現場で使うことの問題

しかし介護用エプロンは、こぼさないようにすればするほど身動きがとれないようにせざるをえません。特にテーブルにエプロンの端を固定する形のタイプでは、途中で立ち上がったり移動したりといった動作を妨げてしまいます。 さらには固定型の介護用エプロンは、落ち着きのない要介護者には使えないといった問題点もあります。要介護者の身動きしやすさと介助のしやすさは対局にあるため、このことをクリアにしつつ必要な機能を備えた介護用エプロンを作るのは少々難しいのだといわざるを得ません。 さらに介護用エプロン見た目の問題も重要です。汚れてもすぐ落とすことができる、もしくは使い捨てができるビニール製や不織布のエプロンでは、見た目が殺風景でおしゃれに気をつかう要介護者には物足りなく感じるようです。 これをすぐに解決するのは難しいことですが、これからの高齢化時代では必要な改良点だと思われますので、ぜひ機能的かつデザイン性にも優れた介護用エプロンの開発がされることが待ち望まれます。